«

»

9月 28

返事が来るメールの書き方

今回は、相手から返事が多くなるメールの書き方ついて考えてみましょう!

まず、メールの書き方って結構単純にありそうな文章を書く人が多いと思います。

「よかったらメールください。」

「プロフィール見て気になりました。」

「仲良くなってください。」

こういったパターンのメールが一番多いでしょう!

これだと、まったく返事がこないので、できるだけオリジナルあなただけの文章にする必要があります。

時間の無駄になりますから上にあげたような文章を使うならば送らない方がまだいいです。

また同じようなメールだなって思われますから返事が来ないことが多いです。

どうせ書くならば良く考えて相手に伝えたい気持ちをありのままに伝えられたらきっと返事も多くなるはずです。

たとえば、自分にしか使わないようなセリフを使ってみるとか、試してみるといいかもしれません。

アニメのキャラクターにも口癖がありますよね?

アラレちゃん「んちゃー!」

ナルト「~だってばよ」

シノ「なぜなら」

というように、特徴をもった口癖があります。

こういった口癖を参考にして、個性を出すとインパクトが出てきます。

それによって、相手からの反応が変わってきますし、きっと返事も多くなってくるはずです。

ただこれらは、参考程度でこのようにすればいいわけではありません!

例えば、文章の語尾を伸ばしてみるとか。。変化をつけてみるとか。

一行目には、口癖らしい文章を必ず同じ言葉で入れてみるとか、たくさんあります。

挨拶の仕方を自己流にしてみたり、変化をつけてみるといいと思います。

つまり、個性的な特徴こそが大切であり、それが誰も使っていないセリフにするなど考えれてみればたくさんあります。

メールの文章って、工夫すればいくらでも変化をつけられますから、最初は、時間を掛けてゆっくり考えてほしいです。

ごく普通で、そこらへんにいそうな人物だと相手にされませんので、これはメールでも同じことがいえます!

目立つことや人がやりそうにないことをやってみると相手に影響を受けやすくなってきます。

それイコール相手からの反応が多くなってきますので、メールの返事も増えてきますから、参考程度にやってみてほしいと思います。

 

 

ノンアダルトのFAMU(ファム)
キューティーワークのお仕事流れ
スマートフォンチャットレディのデメリット
携帯チャットレディのお仕事内容
FAMUお仕事内容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">