«

»

6月 10

携帯チャットレディの経費として控除できるもの

チャットレディも確定申告が必要になってくることは、理解できたかと思いますが経費が多くなれば所得を減らすことができます。

つまり、経費が多くなれば多くなるほど税金を収める額を減らすことが出来るわけです。

その経費に控除できる金額は最大で65万円までとなっています。

また、税金を収める額は所得の一般の携帯チャットレディをしている方なら5%くらいと見てください。

収入に応じて税率も上がってきますがせいぜい10%止まりです。

そこで、税金を納める金額をできるだけ抑えるために携帯チャットレディの経費として控除できるものを具体的に例として挙げてみます。

・毎月の電話代

・パケット料金

・振込み手数料(お給料を振込みする際の金額)

・衣装代

・メイク道具

・光熱費

・保険料金

具体的な例ですが基本的に携帯チャットレディで使用したものに限ります。

保険料金に関しては、携帯チャットレディが副業(本業をお勤めになっている方)としている方は恐らく経費にできませんが携帯チャットレディを本業としている方なら国民健康保険といったものを経費として控除することもできます。

これらを経費として控除できるものは、しっかり領収書を発行してきちんとまとめておいてください。

領収書が発行できないものについては、出金伝票を発行して押印(もしくはサイン)しておけば大丈夫です。また、それを証拠として残るものがあれば問題ありません。通帳の場合はコピーし、取引内容を書いておけば問題ありませんし、税務でも正しいと認めてくれます。

~チャトレをやってみたい方~

携帯チャットレディの役立つ情報が満載のサイト!

>>携帯チャットレディ求人募集ナビ

 

日払いのガールズチャット
e-shotの特典
P-girlsの0分加算ボーナス
ポケットワークを詳細解説
キューティーワークの応募条件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">